「彼(敵)を知り、己を知れば、百戦殆うからず」というのは、
ご存じ「孫子の兵法」ですが、「就職活動」という「戦い」にも同じことが言えます。
自己分析で「自分」を深く知り、業界研究・企業研究で知った
「企業が求める人物像」とを重ね合わせることで
真の「志望動機」が生まれ、あなたと企業、双方にとって
価値のある就職が決まるのです。

すべては「知る」ことから始まります。
知ろうとするチカラが大事なのです。

HOME